近畿大学理工学部フォーミュラプロジェクト

フレーム加工

今日はフレームの底の部分にある余分なパイプを削りました。

これはマシンを組み上げ、サスペンションの動作確認をしたときにフレームが地面と接してしまうことがわかったためです。

削る部分は溶接により焼入れがなされており硬いため、削るのに大変時間がかかりましたが、これで地面と接触することはなくなります。

テストがだんだんと近づいてきておりますが、メリハリをつけて頑張っています。

エンジン班 筧

スポンサーサイト

シート

シート作り第二弾の完成が近づいてきました。

型を剥がして、フレームに合うように成形すれば完了です。

エンジンの方は最近、点火の具合が悪かったのですが、今日なんとか修正することができました。

エンジン班 筧

溶接会

今日は一年生数人で溶接を習いました。

実際にやってみると結構難しく、まだまだ練習が必要です。

一見すると地味な作業ですが、フォーミュラカー作りの第一歩である作業を習ったことで、ますます「ものづくり」への興味が深まりました。

サスペンション班 松枝でした。

FRPの季節です。

皆さん、FRPってご存知ですか?

FRP(Fiber Reinforced Plastics)とは、日本語で繊維強化プラスチックで、ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて強度を向上させた材料のことです。

金属材料よりも比強度が大きく
軽量化が可能
保温性がよい
腐食しにくい
という利点があります。

ということで、昨日取ったシートの型に、FRPを貼り付けました。
生憎の雨で、乾きは遅そうです。
シンナーをご使用の方は、換気はちゃんとしましょう。


エンジン班 吉田

前回試作のシートを作った、

経験をいかし

本日、大会用のシートの作成を開始しました。



003


↑型取り中です

サスペンション班 寺田

ドライブシャフト

7月に入り、だんだん暑くなってきました。

先週はコストレポートの提出に追われていて、大変な日々を過ごしてしましたが、無事に期限までに提出することができました。

ひとまず安心です。

現在、マシンは先日の試走会でのエラーを修正するために解体された状態となっています。

その中で、エラーとは言えないものの、一つ悩んでいるものが…

それがドライブシャフトをディファレンシャルギアから外す作業です。

このドライブシャフトは簡単には抜けないようになっているので、いつも苦労しているところなのです。

今日はなんとしても抜いてやろうと頑張りました。

いろんな案を持ち合わせて、試行錯誤を繰り返しました。

すると、ある方法でいとも簡単に抜けてしまいました。

真剣に考えてみると、一見無理なようなものでも可能になることがわかりました。

今後もこの方法でやっていこうと思います。

エンジン班 筧

FC2Ad